Chromeで「互換性のないアプリケーションの更新または削除」が検出される

Chromeで「互換性のないアプリケーションの更新または削除」が検出されると云う件。




[設定] → [詳細設定] → [リセットとクリーンアップ] → [互換性のないアプリケーションの更新または削除] で常駐ソフトが検出される。何か悪いことをしている様子もない。昔から使用している便利なソフトである。Chromeが“Windows 10”の常駐ソフトを検査しているのもおかしな話ではあるが、理由がはっきりしないのが現状である。

そこで、試しに検出されたソフトをアンインストールしてみると、今度は有名ドコロの“Dropbox”が検出される有様である。“Dropbox”が悪いことをするとも思えないため、今回の一連の挙動はChrome側の誤検出?と云うことで落ち着いた。

ただ、Chrome側では“可能性”を指摘しているだけなので、Chromeの不具合とは云えない。しかしながら、あまり気分のよい話ではない。
最終更新日: