Windows アンインストールできないアプリを強制的に削除する方法

Windows 環境において、知らないうちに迷惑なアプリがインストールされていることがある。アプリの購入を促す広告がバンバン出たりと・・・マルウェアそのものである。

これをアンインストールしよとしても、標準のアンインストール画面からでは、エラーを吐いて削除できなかったりする。こうなると厄介である。

とりあえず、インストールされている場所を突き止めて削除しようとするも・・・当然ながらアプリが常駐しているので、削除できない。ただ、ここまでくれば対処は簡単である。アプリの名称などの情報が手に入っていると云うことなので、関連する常駐プロセスを終了させれば、削除できるワケだ。

[Ctrl] + [Shift]+ [Esc] で“タスクマネージャー”を起動して・・・

Windows 10 のタスクマネージャー

“プロセスタブ”を開いて、該当するプロセスを右クリック、“タスクの終了”で常駐解除ができる。次に、“エクスプローラ”で該当するアプリのインストールフォルダを丸ごと削除する。

そして、標準のアンインストール画面から、今一度アンインストールを行えば、アンインストールのエントリーを消すことができる。これで作業は完了である。

このとき、レジストリにゴミが残るかもしれないが、気にする必要はない。ツールで不要レジストリを削除しても構わないが、気休めでありあまり意味はない。

一連の作業では、不正アプリの情報(インストールされている場所や常駐プロセス名)を探し出すのに、少々苦労するかもしれないが、試行錯誤すれば何となく調べがつくだろう。

今回は“Windowsの標準の機能を使用して対応する方法”と云うことで紹介まで。
最終更新日: