タイトルバー非表示に正式対応 Linux版 Firefox 60

タイトルバーの非表示に正式に対応した Linux版 Firefox 60 がリリースされた。


[右上三本線] → [カスタマイズ] → [左下のタイトルバー] でタイトルバーの 表示/非表示 の切り替えが可能となった。

これでLinux版のFirefoxの使い勝手が向上した。しかしながら、新たな不具合があり、現状では常用することを躊躇している。

日本語変換で候補を選択するときに、文字の背景色が黒くなり非常に見辛いのである。


この不具合は、何か設定で修復可能なのか調べてみたが、方策は見つからなかった。残念ではあるが、この不具合が修正されるまでは、常用ブラウザとしての位置づけにはならない。

※2018-5-13: システムの外観の影響と判明する。
最終更新日: