IE11 Mouse Gestures for Internet Explorer 導入手順

IE11(Internet Explorer 11)が思った以上に快適に利用できる。ChromeやFirefoxに多くのアドオンを入れているユーザーなら、IE11は爆速と感じるに違いない。よって、少し前から常用ブラウザとして利用している。但し、常用ブラウザとして利用するためには、操作性を向上させなければならない。その一つが、マウスジェスチャーである。前は、「かざぐるマウス」を利用していたが、開発者の方がサイトを閉鎖したため、今後のことを考慮してIEのアドンを利用することにした。

筆者の環境:Windows 7 64bit / Internet Explorer 11

Mouse Gestures for Internet Explorer

配布サイト

インストールは上記サイトから。ダウンロードは、32/64bitバージョンがあるが、Windowsの“64bit”に関わらず、“32bit”を選択しないと動作しない。なお、導入後“64bit”のインストールを促すアラートが出るかもしれないが無視する。

インストールが終わったら、メニューバー(非表示の場合は“Alt”キー押下)の“ツール” → “Mouse Gestures…”をクリックする。

設定画面の表示

すると設定画面が表示される。

General画面

※動作しない場合は、“インターネットオプション”の“詳細設定タブ” → “□サードパーティ製のブラウザー拡張を有効にする”にチェックが入っているか確認する。通常変更していなければ、チェックが入っているはず。

Gestures画面

利用するジェスチャーを“Gestures画面”で設定する。右クリックしながら軌跡を描く、または右のボタンでジェスチャーを指定する。真ん中の“+”で追加、“ー”で削除して、使用するジェスチャーを決定する。

使用するジェスチャーが決まったら“General画面”でアクションを割り当てる。アクションは英語表記となるが、概ね理解できるだろう。

設定がひと通り終わったら、“General画面”のエクスポートで設定情報をバックアップしておこう。インポートで復元可能になる。

うまく動作しない場合は、IEを再立ち上げすると正常に動作する可能性がある。アクションは豊富で快適に動作するので、是非お試しいただきたい。
最終更新日: