黄金の野菜 ピーマンを植え付ける

4月7日、スーパーでピーマンの苗9本と大玉トマトの苗1本をゲットした。売り切れてはいけなので、とにかく一番でゲットしておいた。

そして、4月19日にピーマンの植え付けを行った。本来であれば、5月初旬がベストではあるが、ここ数日ポカポカ陽気が続き、最低気温も10度を下回る心配もなくなったので。

ピーマン 新聞紙は泥はね対策

また、今日・明日は30度近くまで気温が上がるようで、トマトも本日植え付けを行った。今年は、所謂“斜め植え”である。根がたくさん生えて、実がたくさん生るらしい。

トマト 雨ざらしを避けるため軒先近くに

ここ数年は、毎年ピーマンを主流に、トマトやキュウリも栽培していたが、今年はピーマンの他はトマトだけ。キュウリは、昨年カビにやられて (キュウリが「べと病」にやられたか?: Jkun Blog) しまったので、今年からはパスすることにした。ぐんぐん伸びるつるの管理も面倒だし。

昨年はピーマンの収穫量は少なかった。今年は場所を変えて新たな畑モドキを作ってみた。たくさん実がなると嬉しい。

因みに、筆者が“黄金の野菜”と呼ぶのは、とにかく収穫量が多いからだ。10月下旬まで収穫でき、長い期間楽しめる。
最終更新日: