Vivaldiでコンテキストメニューに「翻訳」を実装する

最近、Vivaldiをメインのブラウザにしているが、一部サイトのページ (例:Chrome拡張機能ページのオーバーレイ画面) では、翻訳拡張機能が機能しない。毎回、翻訳ページにコピペしているが面倒極まりない。そこで、コンテキストメニューの検索エンジンに「翻訳」を実装することにした。おそらく、Vivaldi以外でも設定する翻訳URLは同じなので参考になれば幸いである。


↑ [Alt] + [P] で「設定画面」を開いて「検索」をクリックする。そこに翻訳を追加するだけである。登録するURLは・・・「https://translate.google.co.jp/?hl=ja#auto/ja/%s」となる。翻訳対象言語は自動選択である。


↑ 実際に使ってみた。


↑ 英語を自動認識して日本語に翻訳されている。

あまり有用ではないような感じではあるが、翻訳拡張機能が機能しないページでは活躍するだろう。
最終更新日: