Ubuntu 軽量高機能テキストエディタ「medit」の導入

Ubuntuでは、標準で「gedit」と云う高機能テキストエディタがデフォルトで入っている。ただ、何となく重い感じがするので、軽量で同等の機能を有するテキストエディタを探してみた。そして見つけたのが、「medit」である。


マルチプラットフォームに対応しており、WindowsやLinuxで利用できる。様々な言語に対応しているので、プログラミングに最適なエディタである。当然ではあるが、普段のテキストエディタとしても申し分ない。多彩な機能を有するが、特徴的な機能として、同一ファイルを上下左右に分割して編集できることが挙げられる。 (最大4分割) ↓


インストールは、「Ubuntuソフトウェアセンター」から。


多彩な機能を有するが、 [設定] 画面を見れば、何ができるかが概ね理解できるだろう。 ↓









ネットで検索してみても、紹介記事は多くない。しかしながら、かなり優秀なエディタである。
最終更新日: