Windows 10 のスタートメニューを昔風に「Classic Shell」

Windows 10 にアップグレードしたが、スタートメニューがイマイチ使いにくい。やはり、昔ながらのスタートメニューは最高だった。なんて考えているユーザーも多いだろう。ご心配には及びません。あの「Classic Shell」が、早々と Windows 10 に対応しているのである。


Classic Shell - Start menu and other Windows enhancements

設定は、スタートメニューを右クリックして [設定] 。

スタイルは3つから選択できる。筆者は、真ん中の「Classic with two columns」を選択。「□Show all settings」にチェックを入れれば、強力なカスタマイズが可能になる。


↓ よく利用するアプリは、 [プログラム] または [アプリ] から探し出し、右クリックして [スタートメニューに表示する (Classic Shell)] を選択すれば、サイドメニューに登録される。順番はドラッグすれば入れ替え可能だ。


↓ [プログラム] [アプリ] から階層構造で表示されるのが嬉しい。


Windows 10 になっても、“昔ながら”はやはり捨てがたい。
最終更新日: