Windows + Debian系ディストリビューション で起動優先順位を変更する


“Windows 10”のノートパソコンに未使用領域のパーティションを作って、そこに“Linux Mint - Cinnamon”をインストールした。“Windows 10”では対処できないことがあり、使い勝手のよい“Linux Mint - Cinnamon”をインストールしてマルチブート環境としたのである。

しかしながら、電源投入で放置すると、“Linux Mint - Cinnamon”で立ち上がってしまう。普段は“Windows 10”を利用するので、これでは使い勝手が悪い。
そこで、起動優先順位を変更して、電源投入で放置した場合は、“Windows 10”で立ち上がるようにした。

以下、“Linux Mint - Cinnamon”での操作。
  • gedit (テキストエディタ) で “ファイルシステム” → “boot” → “grub” にある “grub.cfg” を開く。
  • “Windows 10”を検索すると「### BEGIN /etc/grub.d/30_os-prober ###
    menuentry 'Windows 10 (loader) (on /dev/sda1)' --class windows --class os $menuentry_id_option 'osprober-chain-54」と云う行がヒットする。
  • ここにある「'Windows 10 (loader) (on /dev/sda1)'」をコピーしておく。 (あとで貼り付けで利用するのでgeditの空白タブにでも一時的に貼り付けておくとよい。)
  • 端末を起動して
    [sudo gedit /etc/default/grub]
    と叩くと、grubを読み込んだ状態でgeditが起動される。
  • 「GRUB_DEFAULT=0」の行をコメントアウト (#GRUB_DEFAULT=0) にして、次の行に「GRUB_DEFAULT='Windows 10 (loader) (on /dev/sda1)'」を追加して保存する。
  • 端末から
    [sudo update-grub2]
    と叩けば変更が反映される。
以上で、起動は“Windows 10”が優先されることになる。電源を入れて放置すれば、“Windows 10”で立ち上がる。放置せず、ブートメニュ画面で10秒以内に↑↓キーを押せば、起動OSが選択できると云うワケだ。
最終更新日: