Linux Mint - Xfce ChromeのキャッシュをRAMディスクに変更する

Linux Mint - Xfce の環境で、ChromeのキャッシュをRAMディスクに変更する方法をメモしておく。

RAMディスクを作成する

マウント先のディレクトリを決定する。

[sudo mkdir /ramdisk]
[sudo chmod 777 /ramdisk]

“fstab”を“gedit”エディタで編集して、2GBを割り当てる。

[sudo gedit /etc/fstab]

最終行に・・・

[/dev/shm /ramdisk tmpfs size=2048m 0 0]

を挿入する。

マウントして、確認する。

[sudo mount -a]
[df -h | grep ramdisk]


ChromeのキャッシュをRAMディスクに変更する

シンボリックリンクを使用して、ChromeのキャッシュディレクトリをRAMディスクに置き換える。

作業前に、ファイルマネージャーの表示で“隠しファイル”を表示できるように設定しておく。また、Chromeが起動中であれば終了させておく。

次のディレクトリ・・・

[/home/ユーザー名/.cache/]

を開いて・・・


“google-chrome”のディレクトリを削除する。

端末から、 ↓ のコマンドを叩いて、シンボリックリンクを作成する。

[ln -s /ramdisk /home/ユーザー名/.cache/google-chrome]


ファイルマネージャーで・・・

[/home/ユーザー名/.cache/]

を確認すると・・・ ↓


“/ramdisk”にリンクが貼られたことが確認できる。

Chromeを起動して、“/ramdisk”を確認すれば、キャッシュが作成されていることがわかる。

※2016-3-4: Ubuntu 15.04/15.10 RAMディスクを作成する方法 | bjkun
最終更新日: